POSレジシステムの内容

subpage-img

POSレジはキャッシュレジスターとサーバという構成が多いですが、POSレジ自体の仕組みは店舗ごとに差があります。



POSレジでよく利用されている機能としては会計機能とデータ送信機能があります。

どちらも店舗やチェーン店ごとに専用品となりますが、基本機能としては似た仕組みとなっています。
会計機能には商品についての情報設定機能が主な機能です。

NAVERまとめに関してはこちらのサイトをご覧ください。

商品は名前は価格などの情報の他に部門なども設定されます。
部門はお店ごと独自に設定されることもあり、売上分析において重要なタグとなります。

また、価格については売上金額の他に仕入れや値引き可能値、値引き価格などが設定されます。



これらのデータはPOSレジにシステム側から送信されて設定されますが、リアルタイムに変更できるようになってきており、システム側の進化も進んでいます。

商品へのデータはPOSレジとシステム側双方で所有していますが売上時のデータはシステムへ転送すればレジ側では消去されることになります。


データの保持についてをレジ側で無くしたことでコストダウンが可能となりますし、データの整合性がとりやすくなります。


ただし、クレジットカードデータなどの基礎データについてはキャッシュとしてある程度記憶することもあります。


電子マネーなどの外部との直結した回線が必要な場合はレジとは別にシステムが組まれ、レジ側には与信結果だけが転送される仕組みとなっており、セキュリティ性も考慮した構成となっています。

top