タブレットを使用したポスレジ

subpage-img

店舗などで費用となるレジですが、販売時点の情報を取るためにポスレジが主流となっています。

livedoorニュースの情報をご説明します。

商品についているバーコードなどを読み込んでいつどこでどのようなお客様に買っていただいたのか記録をしてよりサービスを向上させるようにする仕組みです。

一方でポスレジは費用がかかるということとスペースを多くとってしまうなどの課題もあります。そこで最近注目されているのがタブレットを使用したポスレジなのです。

簡易でコンパクトなタブレットでもあり注目を集めています。
そのメリットとしてはまず費用が安くて済むということです。
ポスシステムを構築する場合と比較して初期費用を抑えることができ、クラウドなどのサービスを使用することで全体の費用も抑えることが出来るのです。

ポスレジのタブレット情報サイトの利用価値をご存知ですか。

複数店舗があるような場合も費用を抑えることができ、全店の売上といった情報をオンラインによって収集してリアルタイムに確認することができるようになるのです。
また売上だけでなく在庫の管理を行うこともできるのです。
ポスレジの機能である売上の傾向や分析を行うことができ、タブレットという使いやすいインターフェースもあり手軽で使いやすいというメリットがあります。
簡単に動かすことでき、持ち運びも可能なので在庫確認などタブレット端末をもっていって処理をするようなことも可能となります。

タブレットという使い慣れた画面ということでボタンを操作するというのではなく、アルバイトの人でも直感的に操作を行うことができ、作業の効率化も可能となります。



top