飲食業界もカンボジアの外国人研修生を求めている

  • 外国人技能実習生で失敗しないために

    • 外国人技能実習生は、日本の企業や団体が海外の若者を技術実習生として受け入れて実務を行い技術を体得する制度です。受け入れは監理団体を通じて行うもので、そこから企業や団体が求める人材のマッチングを行い入国の手続きまで行ってくれます。
      外国人技能実習生の流れとしては監理団体に対して要望し、そこから入国管理局を通じて送り出し国から人材を募集し、マッチングされた人材を用意して送り出してくれます。

      外国人技能実習生の最新情報が揃っています。

      実習生の滞在期間は最大3年ですが、その間に技能を学ぶほか労働者として働いてくれます。

      特に向上心旺盛な若者を用意してくれ、また実習生向けに企業の効率化を行うため企業の活性化することができます。



      海外に戻った実習生は海外進出の基盤ともなります。
      外国人技能実習生の国としては代表的なのはベトナムです。


      ベトナムは送り出しの機関が整っており優秀な人材を得ることができるメリットがあります。ただしベトナムの場合には送り出し条件が決まっているなど場合によってマッチングしないケースもあります。



      一方でフィリピンは送り出し機関が整っていないため、トラブルの原因になるリスクがあります。

      中国は日本とも距離的に近いということもあり、送り出し機関も整っています。


      いずれにしても外国人技能実習生を希望する場合には日本の監理団体の質と相手国の送り出し機関の質が重要になってき、国で選ぶというよりも信頼できる団体を選ぶことが失敗しない上では重要です。

top