ポスレジのシステム化に必要なこと

subpage-img

ポスレジシステムは単に設置しただけでは費用対効果があまり出せないと言われています。

All Aboutの検索がとっても楽になりました。

必要なことはデータから得られる知見を売り上げに繋げる知恵です。

ポスレジは一般的にキャッシュレジスターのことを意味すると考える方が多いですが、キャッシュレジスターは売上と支払いの管理をするだけであり、キャッシュレジスター本体に分析能力はありません。


ポスシステムはお店のバックヤードに設置されることが多く、各キャッシュレジスターからデータを吸い上げてリアルタイムに処理をするシステムです。

基本的な構造はデータをキャッシュレジスターと仕入れ担当端末などから吸い上げ、その後、サーバで売上の各種分析を行ない、結果を仕入れ担当などにバックして判断してもらう仕組みです。



得られるデータは仕入れや店主などの各レベルで変わってきます。


必要なデータをどのように加工して提供するかはポスレジシステムのさじ加減ともいえますが、ビッグデータ分析から得られる知見も出てきたこともあり、データ分析方法を学ぶ店長や仕入れ担当者が増えてきており、データをそのまま利用するのではなく、得られたデータを組み合わせるなど新しい仕組みを各店舗で検討を始めています。

また、ポスレジシステムによってはリアルタイム分析ができるようになっていますが、まだまだ集計後にある程度の処理時間を必要とするケースも多くなっています。

さらに、ポスレジは支払い方法も多様化しており、客分析がさらに難しくなってきています。



top