飲食業界もカンボジアの外国人研修生を求めている

  • 外国人技能実習生の実際

    • 現在日本では外国人が働くということが珍しいことではなくなっています。

      製造業の現場などでは大勢の外国人労働者が働いているというのは良く知られていることですが、それとは別に外国人技能実習生という形で働いている外国の若者もいるのです。
      この外国人技能実習生と言うのは労働者の扱いになるのは間違いありませんが、一定期間に限定して学びに来ているという点において一般の外国人労働者とは異なります。

      外国人技能実習生のサイトが登場しました。

      外国人技能実習生は日本が国として推進している制度として取り扱われているものであり、1年から3年程度の期間を日本の産業の現場で働くという経験を通じて日本の産業技術は勿論、日本の文化や言葉などについても身に付けることが期待されています。その様な活動を行うことにより、外国人技能実習生が母国に帰った後、現地に進出している日本企業で仕事をしたり、日本と何かしらの関係のある活動をしてもらうことを期待しているのです。



      この様な制度を利用して日本に来るのは東南アジアを中心とする若者が多くなっています。
      今後日本との結びつきを強くしていくことが期待されている地域の若者が多く日本に外国人技能実習生として働きに来ています。
      技術を身に付けることは勿論ですが、それと同時に日本の人や文化に慣れ親しんでもらうということがこの制度における目的の一つになっています。



      いわゆる国際貢献活動の一つとして注目されている活動として現在も推進されているものです。


top