飲食業界もカンボジアの外国人研修生を求めている

  • 農業の人手不足の解消にカンボジアから外国人研修生

    • 日本で深刻になっている問題の一つが、農業の人手不足です。

      カンボジアの外国人研修生の有益な情報を提供します。

      子供など身内が跡を継いでくれるとは限らないので、人手が足りず毎日困っている農家は少なくありません。


      また現在職業の種類もデジタル化の影響で、農業ではなくIT関係の仕事に興味を持つ若者も増えており、農業の募集をかけてもなかなか応募が集まらないこともあります。

      そこでここ数年注目されているのが、アジアからの外国人研修生受け入れです。なぜアジアかというと、日本同様お米を食べる国が大変多く、農業の家庭で育った若者も少なくないからです。
      また信仰面でも仏教が多く、生活も比較的日本に馴染みやすい傾向があります。

      特に稲作の人員不足解消におすすめなのがカンボジアで、理由は一番多い職業が稲作農家だからです。そのため仕事ののみこみが早いカンボジア人が多いというメリットもあります。



      また日本人と同じアジア人ということも、日本人農家にとっては親しみやすく、母国語が英語ではないところも共通点です。
      なのでネイティブレベルに英語を話す必要がないので、英語が苦手な人も安心です。

      また外国人研修生を積極的に派遣している現地の会社は、既にカンボジア人に日本語を教えている所もあります。

      もし稲作の人手が足りない時は、気軽にカンボジアから外国人研修生を受け入れてみてはどうでしょうか。



      日本にもカンボジア人研修生を紹介してくれる会社が増えているので、気になったことは問い合わせてみましょう。

top