POSレジの価格の設定

img1-1

POSレジは個人商店用から大規模チェーン店モデルまで多数のオプションと構成例があり、価格も大きな差があります。

ただし、キャッシュレジスターについては価格がこなれてきていることもあり、導入台数による値引き以外は価格差はほぼありません。



POSレジシステムでもっとも価格が変わってくるのがオプションと言われています。従来のキャッシュレジスターは現金が扱えればよかったのですが、クレジットカードや各種電子マネーが増えてきたことで対応するためのデバイスが増えてきています。


デバイスによっては1つですべてに対応するタイプもありますが、随時追加するケースが多く、デバイスを集約するのは難しいケースが多いです。
また、電子マネーについては他社の電子マネーも利用出来るようにすることが多く、POSレジの高性能化が進んでいます。


データをサーバに送るPOSレジですが、送信方法はインターネットを前提にくまれているので汎用性が高くなっていますが、サーバ側は各種解析処理アルゴリズムに合わせてモジュールを追加することになり、お店ごとの価格が大きく異なっています。

また、サーバの増強が必要になりますが、クラウド環境を導入することでサーバ保守費用を最初から下げているケースも増えています。また、クラウド利用についてはお店ごとのバックヤード用の端末まで対応させることが増えてきています。

お手軽にOKWaveに関する情報をご覧ください。

解析処理アルゴリズムは計算量が増えていくので今後ますますクラウド利用が増えると予想されています。

POSレジの価格を手軽に利用してみませんか?

知りたい情報

img2-1

店舗などで費用となるレジですが、販売時点の情報を取るためにポスレジが主流となっています。商品についているバーコードなどを読み込んでいつどこでどのようなお客様に買っていただいたのか記録をしてよりサービスを向上させるようにする仕組みです。...

more

テクノロジーの常識

img3-1

ポスレジシステムは単に設置しただけでは費用対効果があまり出せないと言われています。必要なことはデータから得られる知見を売り上げに繋げる知恵です。...

more

ためになる情報

img4-1

POSレジはキャッシュレジスターとサーバという構成が多いですが、POSレジ自体の仕組みは店舗ごとに差があります。POSレジでよく利用されている機能としては会計機能とデータ送信機能があります。...

more

最新情報

img5-1

業務でも使われるようになってきたタブレットは、倉庫の在庫管理を行う為のツールや営業マンの営業ツールとして使うだけでなく、posレジと連動させて、効率的な店の運営を行う為のツールとしても使われています。posレジとタブレットは、無線LANで接続されており、従来のシステムと比較してコストダウンを図る事が出来ます。...

more
top